毎日が。

頑張って書いているつもりです。ごめんなさい。チラ裏とか言わないで。

論破力 (朝日新書)ひろゆき著

読んだです。

発売してからなかなか立ってしまっているので今更感満載なのですがちょっと書きます。

書評とか読むのは好きなのですが書いたことはほぼないです。

書評って本を選ぶ判断のひとつになってしまいそうなのでちょっと怖いんですよね。

参考になるならないにしろなにかしらの影響が出てしまいそうで。でもここなら大丈夫。誰も見ていないので。

ひろゆきさんとか堀江貴文さん、津田大介さんの本って何となく手に取ってしまうのです。基本、小説を読まなくて、事実とか何かの感想が書いてある本が好きです。何となく人の考え方に触れられるような気がしているので、本を選ぶ指標というか基準になっている方々です。

 

んで、今回の論破力。タイトル的に手に取るにちょっと抵抗を感じながら買いました。今回はamazonとかじゃなく書店で買いました。

でもやっぱり読んでよかった。突飛な考え方、発想を持っている人の本はやっぱり面白い。事実にめっちゃ即したファンタジーが読める。書いてあることに間違いはないけどちょっと実践難しい。てか、無理。いつものことながらそんなことが書いてあります。

今まで出してきた本と今回ちょっと違うのが、「人と接するときの本」ということ。仕事をはじめとして、人との間に何かを進ませようとするときの立ち振る舞い。参考にはならないけど、この人はそう考えてるんだなっていう内容。ネタバレとかアレだし酔ってるし文才ないからこのへんでまとめ。

 

「このひとってこう考えるんだ。へー。」

 

 

論破力 (朝日新書)

論破力 (朝日新書)