毎日が。

頑張って書いているつもりです。ごめんなさい。チラ裏とか言わないで。

日々我人間〜桜玉吉 読了

ファミ通で連載していた「しあわせのかたち」を書いていた桜玉吉のエッセイ漫画。アスキーとかでイラスト描いてたり一切を風靡した人だと認識してる。ちょっと不思議な話(飼い猫が一点を凝視する話とか人の手の甲がトラウマとか)もあったりなかなか印象に残っている割には、連載後の事をあまり知ることがなかった。調べると雑誌を変えて連載していたりなので僕の不勉強たるが故なのだけれども。

 

作品を読んだ感想としてはしっかりポップな作風を残しつつというか、極力ポップに仕上げました感があった。だけれどもちょっと違うような。そこかしこにちょっとした影を感じたり、桜玉吉の疲れてる様子を感じた。

読みながらやっぱり、「しあわせのかたち」が好きだったのはただのコミックじゃなかったからなんだと思い出した。ギャグ漫画っぽい形にフックとして暗さがあるというか。あくまでも今思うとっていう後付けなんだけど。

 

当時を懐かしく読むもよし、セミリタイヤした人のエッセイ漫画ととるもよし。

読み終わって、漫画が好きだったんじゃなくて、描いている桜玉吉が好きだったんだなと確信した。

 

またまたkindle unlimitedで読めちゃうのでお時間ある方は是非是非。

 

 

日々我人間

日々我人間